虫歯予防と初期むし歯の治療に3DS

2016年3月26日

歯は口の中で脱灰(だっかい、ミネラルが溶け出すこと)と再石灰

(ミネラルが沈着すること)を繰り返しています。そして脱灰が

優位になるとむし歯になります。

むし歯になりかけている初期むし歯は白く濁ってみえます。ぼそぼ

そしていますので強くこすると欠けてしまいます。欠けてしまうと

いよいよむし歯、ということになります。

 

0000003032_勝林 洋充_Camera_20160405094251-2

 

初期むし歯の治療

初期むし歯は広範囲におよぶことが多く、削ってつめる方法ではむ

し歯の大きさに比較して、治療が大きくなりすぎる傾向にあります。

 

脱灰を減らして、再石灰化を増やせば回復することがあります。

 

脱灰を減らすためには糖分制限のほか、間食の回数を減らす(食事

の回数が多いと脱灰の機会が増えます)、酸性の食品を避ける、ま

たは摂取後はかならず歯みがきまたは水でうがいをする、などの工

夫が必要です。

 

再石灰化を増やす方法としてはフッ素リカルデント®の応用が考

えられます。最近は多くのはみがき剤にフッ素が含まれていますが、

効果を高めるためには濃度と停滞時間が重要です。

 

3DS

そこで登場するのが3DS。Dental Drug Delivery Systemの略です。

歯の表面に有効成分を長時間停滞させて、効果を高めることが期待

できます。

 

方法

薬剤を入れたマウスピースを1日30分、週に2から3回程度装着

します。

効果が出るまで時間がかかるので、習慣的に続ける必要があります。

 

費用

マウスピース5,000円/顎(税別)

別途薬剤を購入していただきます(1,000円前後)

 


Posted by ひろ歯科医院|埼玉県越谷市の歯医者。越谷 南越谷 北越谷 川口市 草加市 at 16:48 / ブログ

▲ページTOPへ