舌小帯強直症の治療(動画あり)

2016年12月4日

舌小帯強直症

舌の裏にあるひものことを舌小帯といいます。これが短い場合や、

舌の先端付近までついている場合、舌の運動障害がおこることが

あります。その結果乳児の場合は哺乳障害、幼児以降は発音、摂

食障害の原因になります。

機能訓練で改善しない場合には舌小帯形成手術を行います。手術

は局所麻酔で行います。保険適応です。

 

 

術後は舌の可動性がすぐさま改善しますが、発音や摂食障害が改善

するにはある程度の期間が必要です。舌の動かし方に慣れていない

ためです。術後の機能改善のことを考えると、手術は早めに行うの

が良いと思われます。


Posted by ひろ歯科医院|埼玉県越谷市の歯医者。越谷 南越谷 北越谷 川口市 草加市 at 20:20 / ブログ

▲ページTOPへ