若い永久歯は注意が必要です

2017年6月6日

永久歯は6歳ごろから生えてきます(または生え代わります)。生

えたばかりの永久歯はまだまだ未成熟で、年月をかけて石灰化、つ

まり硬くなります。この頃にむし歯になると、進行が早いために注

意が必要です。また年齢的にも手先が十分に器用ではないため、歯

みがきが十分には行えないケースが多いと思われます。

 

写真1 口腔内写真

歯の痛みのため来院されました。中学生ですべて永久歯です。右下

奥歯に溝が黒くなっている部分がみられます。明らかな穴はあいて

いません。

ほかの歯にはむし歯を指摘できませんでした。

 

写真2 レントゲン写真

同じ歯のレントゲン写真です。非常に大きなむし歯であることがわ

かります。穴があいていなかったために受診のタイミングが遅れた

のかもしれません。

 

写真3 おおむね正常と思われる別症例のレントゲン写真

 

いかに予防が大切であるかを改めて知らされた症例でした。


Posted by ひろ歯科医院|埼玉県越谷市の歯医者。越谷 南越谷 北越谷 川口市 草加市 at 09:27 / ブログ

▲ページTOPへ