メタルコアの除去について

2016年2月26日

メタルコアの除去について

crown023_caption

歯を保存するための最後の砦、根管治療を行う際、たびたび必要な

のがメタルコアの除去という工程です。

 

メタルコアとは、かぶせ物を作るに先立ち、歯の欠損をある程度補

うことを目的に作られる、いわゆる土台です。金属製のものがメタ

ルコア、他にレジンコアなどがあります。

 

歯根に挿入された太くて長い金属の塊、これを除去するのは困難な

ことが多いのですが、これができないことには根管治療が始まりま

せん。

 

ではどのように除去するのでしょうか。

 

0000003108_井深 清子_IntraOral_20151107111350

 

1.とにかく削る

 

これは最もしてはいけない方法です。削る量と、それに要する時間は

比例します。硬い金属を削るためには大変な時間がかかります。深い

部分はバーが届かないこともあります。そもそも歯を削るバーは、先

端はほとんど削れない構造になっています。いつまでたっても除去で

きない、という事態になりがちです。

 

2.分割して、強い振動で弱らせ、塊として除去する

 

これが標準的な方法です。1.の場合と比べると、金属を削る量が

少ないために、時間は短くなります。ただし分割は正確にしなくて

はいけません。超音波で強い振動を与えて、セメントを破壊するこ

とで、金属を塊として除去します。

 

この方法でも時間がかかることが多く、患者様にとっては不快な治

療になると思われます。これをもって「治療が荒い」と思われるこ

とがありますが、それに代わる方法がないので、これについてはや

むを得ない部分があります。

 

ちなみに当院で被せ物の治療を行う時は、メタルコアでなくレジン

コアで治療することが多いです。製作時の通院回数が1回減らせる

こと、再治療が必要な時、除去することが比較的容易であることな

どがその理由です。


Posted by ひろ歯科医院|埼玉県越谷市の歯医者。越谷 南越谷 北越谷 川口市 草加市 at 14:19 / ブログ

▲ページTOPへ