歯冠長延長術について

2016年8月10日

抜歯の適応?

0000003110_渋谷 勇_Camera_20160119160428

写真1 術前の状態

 

非常に大きなむし歯で、歯肉がかぶっている状態です。この歯を治

療してかぶせ物を製作するのは困難と思われます。通常の判断とし

ては抜歯が必要、ということになります。

 

歯冠長延長術

0000003110_渋谷 勇_Camera_20160119164746

写真2 手術直後

 

むし歯の大きさを変えることはできませんが、周囲の歯肉と骨を形

態修正することで、相対的に歯を掘り起こすような状態をめざしま

す。

写真は手術直後の状態です。歯肉の下に隠れていた歯がよく見えて

います。

 

0000003110_渋谷 勇_Camera_20160308095851

写真3 治療終了時

 

歯の形態を回復することに成功しました。

この他にも、抜歯の適応と診断された歯を残すことができる場合が

あります。ぜひご相談ください。


Posted by ひろ歯科医院|埼玉県越谷市の歯医者。越谷 南越谷 北越谷 川口市 草加市 at 12:38 / ブログ

▲ページTOPへ