上唇小帯の治療について(動画あり)

2016年5月14日

小帯について

小帯とは、唇または頬と歯肉、または舌と口腔底をつなぐ、「ひも」

のような構造のことです。上唇と歯肉をつなぐひもを上唇小帯とい

います。小帯の機能は唇や頬、舌の運動を制限して、位置を固定す

ることといわれています。これが短かすぎる時、唇または頬、舌の

運動制限が起きたり、歯ならびへ影響がでたり、歯みがきの邪魔に

なったり、歯周病の原因になったりします。

tongue017

図1 上唇小帯が高い位置にあるため前歯にすき間があいている

 

乳幼児期は高い位置(歯または舌の先端に近い方)にあって、成長

とともに低い位置に移動していくことが普通です。これが順調にい

かずに、歯ならびへの影響やしゃべりにくさなどを認めるとき、ま

たは疑われるときに治療の対象とします。

 

小帯の治療

 

0000001742_山口 颯斗_Camera_20160507100429

写真1 術前の状態

 

症例をご紹介いたします。

7歳の男の子です。前歯が生えかわる時期ですが、上唇小帯がまだ

高い位置にあります。永久歯の歯ならびへの影響を考えて、切除す

ることにしました。

少量の部分麻酔を行い、ライトタッチ・レーザー(Er:YAGレーザー)

で切除しました。切除に必要な時間は2分程度です。レーザーによ

る切除の後は、縫合せずに済むことがほとんどです。

 

 

0000001742_山口 颯斗_OtherImage_20160507102535

写真2 切除直後の状態

 

止血を確認してから帰宅していただきます。

 

0000001742_山口 颯斗_OtherImage_20160514101421

写真3 術後1週間の状態

 

あまり痛くなかったと言っていただけました。再癒着もなく経過は

良好です。


Posted by ひろ歯科医院|埼玉県越谷市の歯医者。越谷 南越谷 北越谷 川口市 草加市 at 14:14 / ブログ

▲ページTOPへ